スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彡(゚)(゚)「おっ、うなぎと梅干しやんけ!両方食べたろ!」

引用元: ・彡(゚)(゚)「おっ、うなぎと梅干しやんけ!両方食べたろ!」



2: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:43:28 ID:zBX

大松「迷信だぞ」


3: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:44:04 ID:xLQ

大松「足の早いうなぎとすっぱい梅干しを同時に食べるとうなぎが痛んでいることに気付かなくて腹を壊すことが多いことからきた話だから普通に買ったうなぎなら問題ないぞ」


26: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)21:31:35 ID:mcu

>>3
これは北の侍


4: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:44:34 ID:Q49

天ぷらとなんか


6: エロマンガニキ ◆UsF/eVSscw 2016/02/04(木)20:44:53 ID:D9V

>>4
Suica


8: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:46:03 ID:Q49

>>6
>>7
それや
腹壊すんかなこの食べ合わせ


9: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:47:42 ID:xLQ

>>8
脂っこいものと水っぽいもの同時に食べると消化に悪いで


10: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:47:50 ID:CW3

>>8
天ぷらと水気のある冷たいものを食べると下痢するんやなかった?


11: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:47:56 ID:P5v

>>8
そら(油っこものと水っぽいものじゃ)そう(食べ合わせが悪い)よ


12: エロマンガニキ ◆UsF/eVSscw 2016/02/04(木)20:48:18 ID:D9V

>>8
カレーとかき氷みたいなもん


18: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:49:47 ID:0MH

>>12
下すわな 弱かったら


5: エロマンガニキ ◆UsF/eVSscw 2016/02/04(木)20:44:45 ID:D9V

うまいぞ


13: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:48:38 ID:EYd

ガチで食べ合わせ悪い食いもんってなんなんや


17: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:49:43 ID:TYK

>>13
ほうれん草とベーコン


20: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:50:59 ID:EYd

>>17
こマ?


21: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:52:58 ID:TYK

>>20
ほうれん草に含まれる硝酸が体内で亜硝酸に変わり、
タンパク質とくっついて発がん性物質になるとか
まあベーコン単体で亜硝酸塩含んどるからその理論だとベーコンだけでアウトだが


23: エロマンガニキ ◆UsF/eVSscw 2016/02/04(木)21:00:05 ID:D9V

>>21


亜硝酸ナトリウムについて

発色剤「亜硝酸ナトリウム」と聞けば、その発ガン性を気にする人が多いと思いますが、マスコミに煽られて正しい知識を得ていないのが原因です。せっかくの機会ですので長くなりますが説明いたします。

硝酸塩は肉中の微生物により亜硝酸に還元され、亜硝酸から還元状態で生成する酸化窒素が肉のヘム色素と結びつき、肉の赤色を保持することが判明してから、亜硝酸ナトリウムが広く使用されてきました。

しかし、1967年にノルウェーにおいて亜硝酸ナトリウムで処理したニシンにより家畜が多数中毒死した事件が発生しました。
死因となったジメチルニトロソアミンはニシン中の二級アミンと保存料として使用した亜硝酸ナトリウムが、ニシンの乾燥工程中に反応して生成したものと判明しました。

この事実から、食肉に使う亜硝酸ナトリウムに対する批判が急激に高まりました。

その後、亜硝酸ナトリウムはアミノピリン、オキシテトラサイクリンなどの医薬品と酸性域反応してニトロソアミンを生成すること、また、アスコルビン酸(ビタミンC)はニトロソアミンの生成を阻害することなどの研究が進みました。

亜硝酸ナトリウムは発色作用以外に、ボツリヌス菌の発育抑制作用および塩漬け時の風味醸成作用があるので使用中止に踏み切れない実情があります。

そこで、現在ではアスコルビン酸の使用量の増加などによりニトロソアミンの生成を極力抑え、またベーコンなど喫食事に加熱するものにあっては使用量を減少させる方法をとっています。

尚、亜硝酸ナトリウム自体については毒性や発ガン性は認められていません。亜硝酸に関する問題はニトロソアミン生成因子としての問題に限定されると考えられ

http://homepage3.nifty.com/KOMBU/nutrient/nutrient_15.html


19: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:50:40 ID:zBX

>>13
そらラーメンとライスよ…


15: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:49:16 ID:Ac0

食べ合わせが悪いだけで死ぬクズ


22: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)20:57:37 ID:VB1

プリンと醤油みたいなもんか


24: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)21:06:37 ID:m74

昔、カトチャンケンチャンのコントで、
スイカを食いすぎてスイカ魔人になってしまった志村を
元の志村に戻すために天カス攻撃してたのを見て
スイカと天ぷらの食べ合わせのことを学んだ


25: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)21:29:26 ID:wNs

鰻とぎんなんがあかんのやろ?


27: エロマンガニキ ◆UsF/eVSscw 2016/02/04(木)21:32:05 ID:D9V

>>25
銀杏の場合
銀杏は古くから薬用としても使われていましたが、食べ過ぎる時に起こる食中毒を警戒していたものだと思います。 
健康のときには食べ過ぎても危険は少ないのですが、栄養失調や食事が極端に偏っていたとき、食中毒が起こりやすく、特に子供を中心に多く起こっていたそうです。
近年でも戦後の食糧難の時には多くの食中毒が子供を中心に起きたという事を考えると、特に江戸時代の飢餓の時期はそれ以上の患者が繰り返されて出たことと思います
http://www.unasige.com/kuiawase.htm


30: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)21:42:40 ID:wNs

>>27
はえーなるほど


28: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)21:34:57 ID:k6W

鰻のしつこさを梅干しの酸っぱさが緩和して
食べ過ぎてまってお腹が痛くなるんが由来やなかった?


29: エロマンガニキ ◆UsF/eVSscw 2016/02/04(木)21:35:26 ID:D9V

>>28
生梅らしい





関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
おすすめ記事
アマゾン
アマゾン
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
人気記事(画像付)
ツイッター
月別アーカイブ
ABOUT
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

逆アクセスランキング
フリーエリア
ブログパーツ
ブログパーツ
逆アク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。