スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彡(゚)(゚)「ホットプレートの焼きそばが無料!?行かなきゃ・・・」

1:   2017/08/22(火)20:32:48 ID:ZlT
小さいころ新聞に折り込まれた広告を見ると近所に出来た電気屋さんの開店セールのチラシが入っていた。

そのチラシには「開店記念、ホットプレートで作った焼きそばを無料配布」の文字が!

焼きそばが大好きだった俺は、タダで焼きそばか食べられるのかとワクワクしながら弟を一緒に電気屋の前まで行ったが電気屋の近くまで来た時に目にした光景は

閑散とした客が誰一人としていない店頭で一生懸命呼び込みをしながら焼きそばを小さなホットプレートで焼きつづける電気店主夫婦・・・

子供の目にもあまりにも寂しい雰囲気だったので「焼きそば下さい」と店の前まで行く勇気が湧かず弟と一緒に遠巻きに電気屋を見て、そのままそそくさと帰宅した。

それから月日は経ち電気屋は無くなった。



2:   2017/08/22(火)20:33:13 ID:Hkg
これ悲しくなるからきらい

3:   2017/08/22(火)20:33:46 ID:kNu
糞定期

4:   2017/08/22(火)20:33:53 ID:swc
誰も笑わない悲しい世界

5:   2017/08/22(火)20:34:07 ID:Ven
ほんときらい

6:   2017/08/22(火)20:34:51 ID:Y6g
今さら、量販店がたくさんできてるから流行らないだろ

7:   2017/08/22(火)20:35:30 ID:ZlT
>>6
高度成長期でもないんだから個人経営とかよっぽど田舎で、信用がないと無理なんだよなあ

8:   2017/08/22(火)20:36:48 ID:ZlT
バブル期に出来た中古ゲーム屋とかも潰れまくってるわね・・・

どこもチェーン店ばっかりでつまらない・・・つまらなくない?

9:   2017/08/22(火)20:39:45 ID:ZlT
個人経営やフランチャイズ電器店の収入の八割が修理や取り付けらしいゾ

37:   2017/08/22(火)21:04:14 ID:v24
>>9
そういう所のパイプを築けてないにも関わらず店開いたって言うのは無謀や
開店祝いなんか誰かしら知り合いでもおったら社交辞令で来るはずや

10:   2017/08/22(火)20:40:11 ID:Em2
おはぎハラデイ

11:   2017/08/22(火)20:40:55 ID:swc
>>10
やめ~や

13:   2017/08/22(火)20:41:12 ID:ZlT
>>11
ええんやで

会社が棚卸しで振り替え休日があったので
会社の若い連中、男女3:3で海にドライブに行った
私は途中で腹が減ると思ったので
人数分×3個のおはぎを、前の晩からこしらえた。
「気のきく人」と思われて好感度アップ間違い無しと確信して
寝不足ながらウキウキ気分で出発。
ひそかに思いを寄せるN男さんもお洒落な服で張り切っている。
10時ごろ、ブサイクな同僚♂(29才喪男)が
「ソフトクリームがたべたい」と言い出したので
私は「お、おはぎならありますけど・・」とやや控えめに
18個の色とりどりのおはぎ(あん・青海苔・きなこ)を紙袋からとり出した。
一瞬「しーん」となって、ブサイクな同僚♂が
「喪女さんが握ったの?うわwwおばあちゃんみたいwww」と言った。
他の女が「ちゃんと洗った手で作ったの?今の季節雑菌は危ないよ、ほら、ここやばくない?」と言った。
爆笑が起こった。18個のおはぎは誰の口にも入らなかった。
私はほぼ半泣き状態で、おはぎをしまった。
人づてに聞いた話だけど、N男さんも「ちょっとあれは食べらんないw」と
言っていたらしい。

12:   2017/08/22(火)20:41:09 ID:Hkg
会社が棚卸しで振り替え休日があったので
会社の若い連中、男女3:3で海にドライブに行った
私は途中で腹が減ると思ったので
人数分×3個のおはぎを、前の晩からこしらえた。
「気のきく人」と思われて好感度アップ間違い無しと確信して
寝不足ながらウキウキ気分で出発。
ひそかに思いを寄せるN男さんもお洒落な服で張り切っている。
10時ごろ、ブサイクな同僚♂(29才喪男)が
「ソフトクリームがたべたい」と言い出したので
私は「お、おはぎならありますけど・・」とやや控えめに
18個の色とりどりのおはぎ(あん・青海苔・きなこ)を紙袋からとり出した。
一瞬「しーん」となって、ブサイクな同僚♂が
「喪女さんが握ったの?うわwwおばあちゃんみたいwww」と言った。
他の女が「ちゃんと洗った手で作ったの?今の季節雑菌は危ないよ、ほら、ここやばくない?」と言った。
爆笑が起こった。18個のおはぎは誰の口にも入らなかった。
私はほぼ半泣き状態で、おはぎをしまった。
人づてに聞いた話だけど、N男さんも「ちょっとあれは食べらんないw」と
言っていたらしい。

14:   2017/08/22(火)20:42:36 ID:kRM
彡(^)(^)「ワイの作ったおはぎ食べへんか!?(ブリュリュ」

16:   2017/08/22(火)20:43:07 ID:4Ql
他所者だったんやろな・・・

18:   2017/08/22(火)20:44:03 ID:ZlT
>>16
でも今時オワコンな電器店を開業するのも相当アレやと思うで

17:   2017/08/22(火)20:43:59 ID:Hkg
悲しいなぁ

19:   2017/08/22(火)20:46:17 ID:ZlT
私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、
母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えないほど質素で見映えの悪い物ばかりだった。
友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。
ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。
私は生返事でそのまま学校へ行き、こっそり中身を確認した。
すると確かに海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし、彩りも悪いし、とても食べられなかった。
家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。
私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので
「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。
母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。
それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。
母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。
中を見ると弁当のことばかり書いていた。
「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」 日記はあの日で終わっていた。
後悔で涙がこぼれた

20:   2017/08/22(火)20:49:43 ID:GBP
>>19
おい、やめろ

28:   2017/08/22(火)20:57:15 ID:MCa
>>19
弁当の時だけ手震えてるやんってツッコミあったな

29:   2017/08/22(火)20:58:40 ID:ZlT
>>28
アル中やろなあ(無慈悲

33:   2017/08/22(火)21:01:16 ID:MCa
>>29

なるほどそういうことか

21:   2017/08/22(火)20:50:00 ID:ZlT
幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。学もなく、技術もなかった
母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。それでも当時住んでいた
土地は、まだ人情が残っていたので、何とか母子二人で質素に暮らしていけた。

娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに
遊びに行っていた。給料をもらった次の日曜日には、クリームパンとコーラを買ってくれた。

ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。俺は生まれて初めての
プロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。

野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。母がもらったのは
招待券ではなく優待券だった。チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わ
なければいけないと言われ、帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは、外の
ベンチで弁当を食べて帰った。電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、
母は「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙を少しこぼした。

俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。
新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。結婚もして、母に孫を見せて
やることもできた。

そんな母が去年の暮れに亡くなった。死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように
「野球、ごめんね」と言った。俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならなかった。

22:   2017/08/22(火)20:51:29 ID:O3c
ワイこういうの見てられなくてスーパーとかで明らかに売れてなさそうな方選んでまうんや

24:   2017/08/22(火)20:53:34 ID:ZlT
なんか機械音痴の母がデジカメを買った。
どうやら嬉しいらしく、はしゃぎながらいろいろと写してた。
何日かしてメモリがいっぱいで写せないらしく
「どうすればいいの?」って聞いてきたが
「忙しいから説明書読め!」とつい怒鳴ってしまった。
さらに「つまらないものばかり写してるからだろ!」とも言ってしまった。
そしたら「・・・ごめんね」と一言。

そんな母が先日亡くなった。
遺品整理してたらデジカメが出てきて、何撮ってたのかなあと中身を見たら
俺の寝顔が写ってた・・・。

涙が止まらなかった。

25:   2017/08/22(火)20:54:28 ID:ly1
ほんとやめろ


関連記事


コメントの投稿

非公開コメント

この世界を貫く筋金なんて、恨みつらみやかくあれかしといった後悔だからね
スポンサードリンク
おすすめ記事
アマゾン
アマゾン
フリーエリア
最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
人気記事(画像付)
ツイッター
月別アーカイブ
ABOUT
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

逆アクセスランキング
フリーエリア
ブログパーツ
ブログパーツ
逆アク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。